あなたはデジカメやスマートフォンで撮影した写真をどの様に保管していますか?写真を撮ったあと、そのまま放置していませんか?データで保管することは、一見、場所もとらず便利なようですが、大切な思い出を失うリスクがあります。このコラムでは、データで保管するリスクと、適切な保管方法について説明します。是非読んで、大切な思い出をしっかり残して下さい。

写真をデータだけで保管するリスク

写真に限らずデジタルデータは劣化せず、永久に保存できると考えている人は多いと思います。しかし、デジタルで保管するようになって、まだ数十年しか経っておらず、実証されていません。専門家のなかには、写真をデータだけで保管することを危険視する人もいます。ここでは、どの様な危険があるのか具体的に説明します。大切な写真は印刷して保管する方が無難であることが分かると思います。

View more

デジタルデータが劣化したり、消滅しないという保証は無い

カメラ付きスマホで撮影された写真は、デジタルデータとしてスマホの中に保存されます。しかし、写真データとして保存できる容量には限界があるため、ハードディスクなど別の記憶媒体に移し替える形で、撮影でき…

もっと見る

誤操作による消失リスク

プリントアウトして保存するよりも安全と、写真データをデジタルのまま保存している人は少なくないでしょう。プリントアウトした写真はどうしても劣化が避けられないからです。また、家庭内でのアクシデントに巻…

もっと見る

数十年後にデータを呼び出せる機械が存在しないリスク

スマホなどで撮影した画像データを保存するのに、フラッシュメモリやCD-R、DVD-Rを用いている人は少なくないでしょう。特にCD-RとDVD-Rは100円ショップで簡単に購入できるため、高齢者など…

もっと見る

印刷した写真を保管する方法

では、写真を印刷してしまえば、それだけで良いかと言えば、そうではありません。紫外線や湿気で劣化してしまう恐れがあります。古びた写真も味があって良いものですが、折角ですから、ずっと綺麗な状態を保ちたいものです。ここでは、印刷した写真のきちんとした保管方法を説明します。是非、参考にして、ずっと思い出を残してください。

View more

写真を触る時は指紋がつなかいように注意

せっかく撮った写真は、どうせなら綺麗に残しておきたいですよね。しかし、写真はいつの間にか色あせてしまったり汚れてしまうなど様々な原因で綺麗に残らないことの方が多いといいます。ではどのようなことに気…

写真スタンドでの保管は日当たりに気をつける

恋人や家族などの大切な人の写真を写真スタンドに飾って見えるところに置いているという方は多いのではないでしょうか。いつでも好きなときに写真を見れるようにしておくというのは大切なことではあるのですが、…

アルバムでの保管は湿気に気をつける

写真は湿気が苦手なもの

かつてはネガの写真を現像した写真をアルバムに保管していましたが、現代ではデータの写真を印刷してアルバムなどに保管することが増えてきています。かつての写真と現代の写真では、撮影の方法などが大きく変わりましたが、現像・印刷した写真の保管方法で重要なことは変わりません。それは、写真をアルバムなどに入れて保管する際には湿気に注意するということです。写真はどのような状態であれ、湿気が非常に苦手ということは変わりません。現像・印刷された写真は、基本的に紙とインク、時にはビニールからできています。このような写真を湿気がある空間に放置すると、まず紙が空間に漂う湿気を吸い込んで、台紙に当たる部分が波打つようになります。 写真の形が変形して見にくいばかりではなく、波打った隙間から空気が入り、余計に劣化していく可能性が大きいです。湿気があり、空気中の汚れもあれば、写真にシミがつく原因ともなるほか、湿気た部分からカビが生えることもあり、写真の保存という以外に健康にも悪影響となるでしょう。また、アルバム自体も紙にインク、ビニールなどからできています。写真と同様の原因で、劣化してしまう可能性が高く、写真とアルバムの両方が劣化すると、復元が不可能となる可能性も高いです。

アルバムの写真を湿気から守るには

アルバムの中に写真をきれいに保管し続けるためには、湿気から写真を守らなければなりません。しかし、湿気というものは、普通に暮らしていればどこにでもあるものです。ただアルバムに写真を挟み、本棚などに収納しているだけでは、湿気から写真を守ることはできません。写真を湿気から守るにはいくつかの工夫が必要となります。まず、写真を湿気から守るためには、アルバムの種類から吟味することが必要です。部屋に湿気があったとしても、その湿気が写真に影響を与えなければよいわけなので、長期保存のためのアルバムは単に写真を挟むだけのものではなく、保護フィルム付きのアルバムを選ぶとよいでしょう。 近年では、100年先まで保管できるといったようなアルバムも増えてきています。また、写真を挟んだアルバムの保管場所にも工夫が必要です。基本的には風通しの良い場所に保管しておくことが望ましいので、段ボールなどに入れて押し入れに収納するということは適していません。風通しの良い部屋や空調設備のあるトランクルームなどで、風をよく通すスチールラックなどに収納するとよいでしょう。どうしても箱に収納するとなった場合には、アルバムの中や収納する箱の中に防湿材を共に入れると湿気を取り除いてくれます。

フォトブックで思い出をキレイに!

スマホで撮影した写真をアルバムのようにまとめられるフォトブックは便利です。スマホの中にある写真データをアップロードするだけでキレイに製本してくれるサービスで、費用もお手頃です。

© Copyright Photo Book. All Rights Reserved.